中國人女性との距離感を上手く知れば友達になれますね。

益々、国際性豊かになった日本です。

 

異国の方達も、住みやすい環境と認識されています。

 

その中でも、中国との関係は長い付き合いになり知り合いに中国人がおられる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そこで、知り合うチャンスや接し方について再検証してみたいと思います。

 

 

 

?海外研修制度や、留学での滞在で日本でも知り合う機会が多い中国人女性です。

 

 

 

職場体験的なものから、本格的な技能講習まで様々に形で日本に来られますね。

 

勿論、既婚者や独身者とケースはあります。

 

但し、友達としてがスタートになるので対応は基本的には同じになります。

 

では、日本人とは何が違うのでしょうか?

 

 

 

それは、価値観や心構えになると感じますね。

 

 

 

言い方を変えれば、芯の強い女性でお金にもシビアな堅実的な方でしょうか。

 

なので…いきなりの軽いノリや、見下した様な表現は絶対にしてはいけません。

 

もし、冗談を言うのなら言葉のハンデと距離感を無くさないと厳しい結果となりますね。

 

 

 

?仲良くなれても、生活風習で驚く事があるので気をつけて下さい。

 

 

 

食文化や、歴史は似ている様で大きな違いが出て来ます。

 

例えば、生の魚は食べない風習や旧暦の正月も驚きます。

 

この例は、広い国なので一概には言えません。

 

 

 

しかし、否定する内容や大げさな対応は相手を傷つける原因になりかねません。

 

是非とも、日本では当たり前のケースでも親身な対応を心掛けましょう。

 

もし、誤った対応をすると収拾がつかない程の怒りを買う事もあるので注意して下さい。

 

 

 

?感情豊かな方も多く、涙もろい女性もいらっしゃいます。

 

 

 

先に触れた芯の強い女性イメージですが、嬉しい事や悲しい事には弱さを見せる部分も感じます。

 

当然ですが、スキンシップが取れた間柄の方に見せる顔です。

 

 

 

「驚く程の感受性で、日本人が忘れた気持ち!」

 

 

 

良い関係を築いた時に、思わず感動する場面でもあります。

 

世間のイメージでは、キツさやお金が先行してしまう悪い風潮がある中国人女性です。

 

 

 

しかし、それは本当に距離感を近づけた事が無い人のセリフかも知れませんね。

 

是非とも、本当の彼女達を知って良い友達になって欲しいと願いますよ。