アメリカ人の代表的な性格について

アメリカ人は、白人や黒人などの様々は人種がいてます。なので、アメリカ人と一言で言っても様々で性格や特徴が違います。

 

 

 

【ハッキリした物言い】

 

アメリカ人は代表的な性格としてあげられることが「Yes、Noがはっきりしてること」です。アメリカ人だけではなく、外国人全般に言えることなのですが、言わなければ伝わらないと思っている性格の人が多く、ハッキリした物言いをします。

 

 

 

【リアクションが大きい】

 

もうひとつアメリカ人の代表的な性格として「リアクションが大きいこと」です。アメリカ人は感情が豊かなため、非常にわかりやすいリアクションをとる人が多くいます。嬉しい時ははしゃぎ回り、悲しい時は肩を落とします。身ぶり手振り交えたリアクションなので、相手にとってわかりやすいし、伝わりやすいです。

 

 

 

【どんな相手でもオープンな話し方】

 

「オープンな話し方をする」のもアメリカ人の性格の特徴だと思います。日本人では相手に対して、さん付けやくん付けをして呼ぶことが多いですが、アメリカ人は相手によって話し方を変えることはありません。もちろん上司や目上の人には対しては多少丁寧に話すことはありますが、そんなに大きく話し方が変わることはありません。

 

 

 

アメリカという国は知らない相手が当たり前のように同じ国内で生活しています。自分の周りにどんな人が住んでいるのかと気になってしまい、自分から積極的に話しかけていきます。その結果、先程に説明したアメリカ人の性格が身に付いたのだと言えます。

 

 

 

【褒められたい人種】

 

アメリカ人は慰めるより褒められたい人は多く、勝敗にこだわり、自己主張の激しいアメリカ人であればあるほど人から褒められることを喜びます。

 

 

 

一方で慰めることは極端に嫌う人種であることも言えます。悲しい時や悲しい時があったら、友人や知人、恋人などに慰められることはありますが、勝負で負けた時などは慰められることは侮辱されていると勘違いしていまい、悔しい気持ちがよりいっそう増してしまいます。

 

 

 

負けず嫌いがゆえに人から哀れみを受けたくないという性格です。