フランス人の彼の良いところ悪いところ

フランス人の彼

 

フランス語を勉強していてフランス人の彼と知り合いました。彼はスクールの講師だったのですが、プライベートレッスンだったため会話が弾み、レッスン後も2人でカフェで話をすることが多くなったのです。そのうち付き合い始めましたが、やはりフランス人の彼は日本人と違ってとてもマメでロマンチストで、まるで映画の中にいるような気分を味あわせてくれました。道行く人にも、背が高く彫りの深い彼は何度も振り向かれ、隣にいる私は鼻の高い思いをしました。

 

 

 

フランス人の彼の欠点

 

ただ、 やはり欠点はあって、フランス人の彼はあまり仕事熱心ではありませんでした。働いているスクールのレッスンの時間も必要最小限というのか、休日には絶対にレッスンを入れようとしません。生徒さんが増えているのでもう少しレッスンを増やして欲しいとスクールから言われても、自分の時間が大切だからという理由でレッスンを増やそうとはしませんでした。そのため金銭的には豊かではないのですが、そのことを特に気にかける様子もありません。日本人の私からすると、職場から仕事を増やすように言われれば黙ってそれに従うのが当たり前だと思うのですが、彼にはそういう考えはないようでした。また、知り合いに新しい仕事などを持ちかけられてもすぐに断ってしまいます。忙しくなるのが嫌だからと言う理由です。私はその頃仕事がとても忙しく、深夜に帰宅することも多かったのですが、その働き方が彼には全く理解できないようでした。どうして自分の時間を無駄にするの?と何度も不思議がられました。

 

 

 

仕事に対する考えの違い

 

結局仕事に対する考えの違い違いで別れてしまうことになりました。彼は私の働き方がどうしても理解できなくて、私は彼の働き方が怠けているように見えてしまったからです。フランス人が全てそうというわけではないでしょうが、彼を通じて知り合った他のフランス人を見ると、やはり日本人ほど働くことに時間をかけてはいないようでした。私も、自分がそこまで働くのが好きとは思っていませんでしたが、彼と付き合って、やはり自分は日本人で働くのが好きなんだと思い知らされてしまいました。